東京で闇金の取り立てをすぐに止める方法!ヤミ金の話し

債務整理,東京の闇金

東京で闇金という金融会社をご存知の方も多いでしょう。違法会社ですので、法律で定められている以上の高金利でお金を貸し付けます。 東京でひと月で元本と同じくらいの金利が付く場合もあります。また返済が遅れた場合には、かなり厳しい取り立てを行います。

東京で厳しい取り立てというのは、たとえば自宅や職場にやって来て、返済するまで居座る、あるいは、昼夜の区別なしに電話をかけ、聞くに堪えないような言葉で督促をかけるといった取り立てです。 また東京で取り立てに自宅にやって来て、玄関の調度品などを壊して行くこともあります。

かつては闇金でなくても、東京でこのような取り立てをする業者が多かったのですが、その後法律の改正と共に、深夜や早朝の電話、あるいは自宅にまで押し掛けるような取り立ては禁止されるようになりました。 しかし闇金は違法ですので、そのようなことはお構いなしです。東京での闇金の取り立ては悪質です。

東京で闇金専門の弁護士・司法書士

もし東京でこのような取り立てをする金融会社からお金を借りてしまった場合、あるいはお金を借りなくても申し込んでしまった場合は、どのようにすればいいのでしょうか。その時はまず、闇金専門の弁護士や司法書士に相談するようにしましょう。

東京で弁護士や司法書士に相談した場合は、介入通知を業者に出してくれます。普通はこの通知を受け取った時点で、取り立ては行えなくなるのですが、闇金の場合は、それでも平気で督促、取り立てをかけてくる業者もあります。 そのような時は、何度でも弁護士、または司法書士に相談するようにして、闇金に対するアドバイスをもらいましょう。

東京でお金を借りる前には、ネット上にある闇金の一覧リストをチェックしてから申し込むようにしましょう。 また調度品などを壊された時は、警察にも届け出をするようにしてください。 闇金の常套手段として、ブラックリスト入りや、他社借り入れが多い人でも、多額の融資をするというのを売り物にしています。

東京でお金に困った時には利用したくなりますが、そういう金融機関は利用してはいけません。 それから申し込みの際に、本人確認や収入証明以外の書類、たとえば委任状などを持参させる業者も要注意です。