債務整理東京費用はいくらですか?

債務整理,東京,費用

東京での債務整理費用は選択する債務整理の種類によって異なります。 債務整理には、大きく分けて任意整理・自己破産・特定調停・個人再生の4つのタイプがあります。 債務整理の中で費用が最も安いのが特定調停で、収入印紙代と切手代で1万円未満の費用で足りる事が多いです。東京でもこの債務整理に関しての費用は大差はないです。特定調停は利息制限法の上限利息まで利息がカットされるのですが、過払い金の返還請求についてはしてもらえません。

債務整理ひとつである任意整理は弁護士に借金問題の解決依頼をする手続きで、東京だと着手金が3〜5万と債権者ごとに3〜4万位の手数料がかかります。任意整理ならば先々の金利の免除や過払い金返還請求も全部やってくれるので、長期にわたり消費者金融を利用して過払い金があるのなら弁護士に数万の費用を支払ったというケースでも特定調停よりも安価でなる場合がありイチオシの債務整理方法ですです。 ですが、東京や大阪等の大都市と地方を比べると費用が異なる場合があるようです。東京では上記の債務整理費用が一般的なようです。

債務整理の個人再生はプロにお願いせずに全て自分ひとりで手続きをする場合、裁判所に支払う費用は以下です。東京地方裁判の場合、申立費用として1万 、裁判所に予納する費用として,個人再生委員が選任されるに際して 約32万円(各人再生委員の報酬+官報公告費用)・人再生委員が選任されないに際して 1万3千円(官報公告費用)です。さらに切手代等の費用が数千円。トータルで36万円近い費用がかかります。 東京の弁護士に個人再生での債務整理を依頼しますと個人再生委員の費用(報酬)が約15万に減額されるので、全てで30〜50万円の期間の債務整理費用がかかります。 東京でも自分で個人再生をしても35万位の費用がかかってしまうので、法律に詳しくない人であれば、かかる手間と成功の確率、期間等を総合的に考えると債務整理は東京の弁護士等に依頼した方がお得だと思います。

東京での債務整理の自己破産は、処分することが求められる資産の有無により必要とされる費用が多きく変わってきます。債務整理を専門家に頼らずに自力で行うときですが、不動産などを持っている時は収入印紙代と切手代で1万くらいかかる他、破産管財人に対する報酬として20〜50万がなくてはなりません。処分する財産がないと自己破産取引に必須な予納金1〜3万だけです。 専門家に自己破産を依頼する時には20〜40万の費用が東京でもかかります。これから債務整理で自己破産をしようとする人が40万もの弁護士費用を準備するのは大変だと思います。でも東京の多くの法律事務所では債務整理に必要な費用は破産手続き後に分割払いでの支払いにしてもらえる様です。 債務整理の相談時に、かかる費用や支払い方法については、しっかりと確認をして下さい。

上記のようにいくつもある債務整理の方法の中から、どの債務整理を選択するのかに寄って、費用が全く異なります。また、債務整理の結果が一番大切なポイントなので、費用も考えながら決断をしなくてはいけません。当然ですが、債務整理を弁護士等の専門家に任せるとしても、自分で決めなくてはいけない判断もあるのです。 東京でも弁護士会や行政などで、債務整理の相談を受け付けている窓口があるので、ぜひ利用してみて下さい。